FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 第60話 人工美女の館 

 大神病院の院長室、そこでは隆造と隆一郎の怪しい会話が交わされていた。

「偶然とはいえ、いい獲物が手に入ったものだな、隆一郎」
「はい、父さん。早速、各会員に金井の出品情報を流したところ、即座に十数件もの入札がありました」
「そうか、やはり今や女奴隷をいたぶって楽しむ時代ではなく、男をいたぶってその屈辱に喘ぐ姿を楽しむ時代に入ったようだな」
「女が屈辱に喘ぎ恥らうなどごく当たり前の事で、もうすでにマンネリ化しています。その点、男の屈辱感に満ちた恥じらいは新鮮です。妻として迎えた恵一の姿を見て、つくづくそう感じました」
「おまえもそうか、実はわしもそうなのだ。面白がって軽い悪戯のつもりで女の身体に変えてやった俊恵の姿を見ていたら、その度にあそこが疼いて来てな・・・・ふふふっ」
「そこで思い付いたのが、『女奴隷育成』ならぬ『男のニューハーフ奴隷育成』計画・・・・『人工美女の館』プロジェクトという訳ですね」
「その通りだ。初めから女装や性転換願望のある男ではなく、そんな願望など微塵もない男らしい男を強制的に女性化しニューハーフ奴隷へと変身させる。そして、最終的に女性化が終了したニューハーフ奴隷は落札した男性会員の『妻』となるか、あるいはその会員がその権利を放棄した場合には、通称『表の館』と呼ばれる会員の性欲処理を目的とした妖館『人工美女の館』で男の会員相手にニューハーフ奴隷として奉仕をする運命が待っている・・・・が、このプロジェクトの売りはそこではない・・・・その過程だ。そうだな? 隆一郎」
「その通りです。落札した会員は、その射止めた男を自分の希望に沿った方法で女性化させ、その過程を眺めて楽しむ事が出来るという訳です。ちなみに、今回の金井の場合は、本人の意思に関係なく『性同一性障害』の人間に仕立て上げ、最終的には戸籍まで女に変えてしまう・・・・というプランです」
「しかし、金井くん本人もそうだが、よく両親がその話を了解したものだな。何と言っても、まだ未成年だからな」
「そこなんです、私が驚いたのも・・・・・。最初、このプランの希望が出た時にはまず難しいのでは・・・・と思ったのですが、一応、両親に会ってそれなりに話を持って行った所、以外にもすぐに了解が得られました」
「そうなのか?」
「はい、金井は何度も警察沙汰のトラブルを起こしているワルでして、両親もほとんど見放している状態なのです。そのような訳で、今回のトラブルも含めてその対処策という形で話を進めたところ、息子が大人しくなるのならどのような方法を使っても構わないので、もう問題を起こさない人間に治して欲しいと逆に頼まれてしまったくらいです」
「で・・・・、『性同一性』のプランについては話したのか?」
「はい、話しました。一番手っ取り早い方法は、去勢して荒々しい性格を取り除いてしまう事です・・・・と半分冗談っぽく話したところ、去勢でも何でも何でもしてくれと、意外なくらいあっさりと了解が得られました」
「それはまた、酷いと言えば酷い親だな。いくら息子を大人しく改心させたいという理由があるにせよ、去勢でも何でもしてくれとはな。・・・・・それはそうと、『人工美女の館』はもう完成したのか?」
「はい。『表の館』部分はほぼ完成、すでにその一部を利用して営業を開始しています。ニューハーフ奴隷育成の為の施設である『裏の館』も、あと僅かで工事が終了致します」
「そうか、『表の館』はもう営業を開始していたのか。だが、肝心の『女』達は揃っているのか?」
「そこなんですが、何と言っても『裏の館』で変身育成され『表の館』まで上がって来るには、長い場合は一年以上も掛かってしまいますから。なので、とりあえずは応急措置として、『十二院房』から先日卒業した数人を所長にお願いしてこちらにまわして貰いました」
「そうか、それを聞いて安心した。あの金井くんの場合もそうだが、落札者のプラン次第では、『表の館』にある程度の頭数のニューハーフ奴隷が揃うまでには、かなりの時間を要する可能性も無きにしも非ず・・・・だからな」
「しかし、可哀相に・・・・・・。あの金井も、一年後には落札した男性会員の『妻』となるか、あるいは『表の館』でニューハーフ奴隷として男に奉仕する事になる訳ですね・・・・父さん」
「ふふふ、そういう事だ。強制的に女に変えられた元男としてな」

 とんでもないプロジェクトによって女に変えられようとしている金井慎吾。
 しかし、金井はなぜそのプランに従順に従っているのか!?

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

02/01|人工美女の館 (第二部)コメント(10)トラックバック(1)TOP↑
 第59話 女子生徒・金井慎子 

 突如として『性同一性障害』の男性として姿を現した金井慎吾。最初は皆と一緒に驚いていた恵一だったが、すぐに冷静になりずっとその目で金井の顔の表情を追っていた。

「では、金井さんにもご挨拶して頂こうかしら」
 担任の稲美早苗がそう言った瞬間、それまでざわついていた教室内がシーンと静まり返った。クラスの生徒全員が、あの乱暴者の金井がどのような挨拶をするのか興味津々だったからだ。
「・・・・・・・」
 担任から挨拶を・・・・と言われたものの、金井の口からはなかなか言葉が出て来なかった。しかも、みるみる内に顔が真っ赤になって行ったのだ。
「あら、恥ずかしがっているのかしら」
「そうね、恥ずかしくて声も出せないのね」
 生徒の中からそんな声も発せられていた。しかし、・・・・・・・
『違・・・・違う。確かにそれもあるけれど、それだけではないわ。目が・・・・目が怒っているもの。クラスのみんなに散々散々言われて、怒っているんだわ。なのに、その怒りを必死に堪えている。わたしの知っている一週間前までの金井とは、まったく別人のようだわ・・・・なぜなの?』
 激しく怒っているがそれに耐えている金井。これまでの金井では考えられない事だ。恵一には、この展開が読めなかった。しかし次の瞬間、金井が
沈黙を破ってその口を開いた。
「金・・・・金井・・・・・慎子です。今日から女・・・・女子としてこのクラスにお世話になる事になりました。どうぞ、よ・・・・よろしくね」
 まったく似合っていないミニのセーラー服を身に纏った大柄な金井。その金井から発せられた妙な裏声を使った明らかに不自然な言葉使いの挨拶。それに対して、教室のあちらこちらから笑いを堪える声が相次いだ。以前の金井ならば、当然、その報復に出るところだ。しかし、なぜか金井はまるで怯えてでもいるかのように目をキョロキョロさせ、妙に落ち着きがなかった。
「先生、金井さんに質問していいですか?」
 生徒の一人からそんな声が出た。
「ええ、それは別に構わないと思うわ。どう? 金井さん」
「は・・・・はい」
 仕方なさそうに金井が返事をした。
「では、金井さんに質問します。金井さんは、本当に女の子になりたいと思い始めたのですか?」
「そ・・・・そうよ。わたし、最近気づいたの。わたし、本当は・・・・・女の子なんだって」
 金井が中途半端な裏声で答えた。
「ぷふふふっ・・・・」
「そんなばかなねぇ」
 教室内に、再び笑いを押し殺す声が・・・・・。
「それでは、金井さん。いずれは手術してアレも取っちゃうつもりなのね?」
「アレ・・・・・って?」
 半分放心状態の金井は、アレが何を指しているのかさえ判断出来ない状態にあった。
「アレって・・・・・あれよ。男の子のあ・そ・こ」
 教室内から一斉に笑い声が起こった。現在の金井の状況を肌で感じ、警戒心が薄れて来たのだ。
「そ・・・そ・・・・・それは」
「おやめなさい、そんな下品な質問は」
 さすがに、稲美から注意の言葉が入った。
「いいですか、いずれにしても金井さんは、これから一年近くみなさんと一緒に同じ学校生活を送ります。もちろん、それは女子としてです」
「わたし、金井さんと一緒に勉強するの嫌だわ」
 今度は、金井を拒否する生徒が現れた。
「どうしてですか? そんな事を言ったら、金井さんが可哀相でしょう」
「でも、いくら女になりたいって言っても、身体は男のままですよね? それを意識するなと言われても、それは無理です」
「そうよね、もうじき体育で水泳の授業も始まるし、その時は、金井さんも私たちと同じようにスクール水着を着る事になるんでしょう? そんなの、気持ち悪いわ」
「そうそう、おトイレだって一緒よ。そんなの耐えられない」

 生徒たちから続々と出て来る女子生徒・金井への反発。
 この突然の出来事の裏には、いったいどんな企みが隠されているのだろう。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?


11/27|人工美女の館 (第二部)コメント(1)トラックバック(1)TOP↑
 第58話 突如の珍事 

 その出来事は、恵一が金井に襲われてから一週間後に起こった。

「みなさん、今日からこのクラスに新しく入る事になった新しいお仲間を紹介します」
「えーっ、新しい仲間だって・・・・・」
「転校生ね」
 担任の女教師・稲美早苗の言葉にクラス内がざわめいた。しかし、更に大きなざわめきが起こったのは・・・・この直後だった。
「では、紹介します。はい、中へお入りなさい」
 廊下で紹介されるのを待っている新しい生徒を稲美が呼び入れた。
「ええっ!! そんなぁ・・・・・」
 その生徒を見た恵一は、しばし呆然とした。
「えっ!? 嘘ぉぉーっ!!」
「嫌だぁ・・・・おかまじゃない!」
 他の生徒も余りの状況に悲鳴を上げる者までいた。教室に入って来たミニのセーラー服を着たその生徒が大柄で厚化粧、おまけに誰が見ても男が女装していると分かる体格していたからだ。
「この人、誰かに似ていない?」
「そうよね、どこかで見たような顔よね・・・・・あああっ!!」
 教室の隅々からそうしたこそこそとした囁き声と、そして、驚きの声が・・・・・・。
「今日からこのクラスに入る事になった金井慎子さんです。皆さんの中にも気づいている人もいると思いますが、金井さんは皆さんの一年先輩で元C組の金井慎吾くんです」
「ややや・・・・やっぱり!」
「でも、なんであの金井くんがあんな格好でこのクラスに入って来るのよ?」
「金井のような乱暴者なんかこのクラスに入れないで欲しいわ。だいたい、なんで女装なんかしているのよ・・・・気持ち悪い」
「皆さん、お静かに! 金井くん・・・・・いえ、金井さんは今日からみなさんと同じ女子生徒としてこの学校に通う事になりました。金井さんは男子から女子に変った事で、進学も含めた学級編成の関係でこのクラスに移る事になったのです。仲間外れにしないで仲良くしてあげてくださいね」
「稲美先生、質問です!」
 生徒の一人から、担任の稲美に質問が飛んだ。
「何ですか?」
「男子の生徒がセーラー服を着て、しかも、女子生徒として在籍するなんて、どうみても変態行為にしか思えません。学校側は、なんでそのような事を承認した・・・・・っていうか、平気で行っているのかが分かりません」
「そうよねぇ」
「そうよ、そんなの変よ」
 再び、生徒のざわめきが・・・・・。
「そうですね、そういう質問が出て当然です。じつは、金井さんはつい最近になって自分が『性同一性障害』だと気づいたのだそうです。みなさんも知ってますよね? 最近はテレビとかでもよく取り上げられていますから。そこで、金井さんは大神病院の院長でもあられるうちの学校の理事長に相談したところ、こういう形になったという訳です」
「あの金井が『性同一性障害』? そんな筈ないわよねぇ」
「あいつの脳が女だなんてありっこないわよ」
「まったくどうなっているのかしら?」
 稲美からの説明があっても、生徒たちは理解出来ずにいた。
「ちょっと聞いてください。『性同一性障害』の人が正式に性転換の手術をし女性の戸籍を得るには、一定期間女性としての生活した実績が必要なの。それで、金井さんはこの学校で女子生徒として生活する事になったのよ。だから・・・・・理解してあげてね」
「それでは、金井くんはこれから女性の戸籍を取ろうとしているのですか?」
「はい、そうです」

 稲美がきっぱりと答えた。
 しかし、この突然の『性同一性障害』宣言・・・・・いったい、金井慎吾に何が起こったというのか?

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?
11/16|人工美女の館 (第二部)コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
 第57話 金井の行方 

 隆一郎と恵一夫婦の寝室。そのベッド上では、全裸の隆一郎が両脚を大きく開いて座り、同じく全裸の恵一がその隆一郎の下腹部上に対面した形で脚を開いて座っている・・・・いわゆる、対面座位の体位で対峙していた。

「どうやら、体調は元に戻ったようだな?」
「・・・・・・はぃ、あなた」
 隆一郎の問い掛けに、恵一は力なく答えた。
 恵一自身がねだった隆一郎との夫婦の交わりも、二人が共に絶頂を極めすでに終了していたが、隆一郎のペニスの勢いは衰える事なく、今も恵一の膣内に埋没したままになっている。
「これで分かっただろう? おまえが私とのセックスを拒否出来ないという事を・・・・・」
「・・・・・・ぅぅぅ」
「何だ・・・・おまえ、泣いているのか?」
 いまだに対面座位の状態で真下から勃起したペニスというくさびを打ち込まれ、隆一郎の身体から離れようにも離れられない状況の恵一は、その隆一郎の右肩に顔を埋め、しくしくと忍ぶ様な声で泣き始めたのだ。
「大丈夫だ、もう何も心配する事はない。毎日私のペニスを咥え込んで精液を吸収していれば、依存症の禁断症状が出る事もない」
「・・・・・・・はぃ」
 再び、恵一が力なく答えた。恵一は、改めて自分がもはや女として生きて行くしか道がない事を痛感していた。
「あのぅ・・・・・・?」
 恵一が小さな声で隆一郎に声を掛けた。
「なんだ、めぐみ?」
「金井は・・・・わたしを襲ったあの男子学生は、ど・・・・どうなったのですか?」
「あぁ、あの男子学生か。さて・・・・・どうなったのかな?」
 隆一郎は、ニヤリとしながらなぜか惚けた。
「今言える事は、あの金井とやらにはあるプロジェクトの第二号になって貰った・・・・という事だけだ」
「プロ・・・・・ジェクト?」
「まぁ、今に分かるさ」
『いったい何なの? 隆一郎は金井に何をしたというの・・・・・』

 自分をこの様な状態まで追い詰めた大神隆一郎の行った事。きっと恐ろしい事に違いない・・・・と、恵一は気持ちを震わせた。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?


10/30|人工美女の館 (第二部)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
 第56話 完全なる敗北 

「めぐみ、学校では大変な目にあったそうだな?」
「え・・・えぇ・・・・・・」
「どうした? 何か辛そうだが、襲われたショックで体調がおかしくなったか?」
「いいえ、そうでは・・・・・・」
 顔を紅潮させ額に脂汗を滲ませている恵一に、隆一郎が聞いた。
「聞いた話だと、襲われている最中おまえはあの部分から『愛液』らしき分泌液を流していたというが、それは本当なのか?」
「いいえ、そ・・・そんな事は・・・・・・」
「そうか、それでは何でもないのだな?」
「は・・・・はぃ」
 しかし、この会話が進んでいる間にも、恵一のその部分からは再びおびただしい『妖しい液』があふれ出始めていた。
「あ・・・あぁ・・・・・」
「どうした、めぐみ?」
「あ・・・・あなた・・・・・も・・・もう、わたし・・・・・」
「めぐみ・・・・どうした、大丈夫か?」
 性的な内容の会話をした事で、恵一の性感帯が金井に襲われた時と同じ様に再び激しく反応し始めたのだ。
「あなた、お願い。あ・・・・あれを・・・・・・」
「あれ? あれとはいったい何の事だ。言っている意味が分からん」
「あれを・・・・・ペ・・・」
『いけないわ、そんな事を言っては。で・・・・でも、もう我慢が出来ない・・・・・出来ないの』
 恵一は必死になって自分の身体からの要求に反発しようとしていた。
『恵一の奴、男に襲われた事で女の性感を激しく刺激されたな・・・・・これは面白くなって来た』
 二人は、お互いの心の中でそれぞれ駆け引きをしていた。しかし、恵一の精神力も限界に近づいていた。
「ペ・・・・ペニスを、あなたのペニスを・・・・・」
「ペニス・・・・だと?」
「はぃ、ペニスを・・・・・・入・・・入れて」
「入れて・・・・とは、また私のペニスを入れて欲しくなったというのだな?」
『あぁ、それ以上言っては駄目よ。で・・・でも・・・・もう我慢出来ない』
 とうとう、恵一の精神力が尽きる時が来た。
「は・・・・・・はぃ」
「よし、いいだろう。では、この間私が言ったようにきちんと言うんだ。私の膣の中にあなたの太いペニスを入れてください・・・・・とな」
「そ・・・・それは」
「言うないのか? それならそれでもいいぞ」
「・・・・はぃ、分・・・分かりました」
 恵一の完全な敗北である。
「・・・・・わたしの・・・・膣・・・の・・・・中に、あ・・・あなたの太・・・・い・・・ペニスを・・・・・入れて・・・ください」
「よーし、よく言えたな。では、シャワーを浴びて寝室で待っていろ。急いで用事を済ませ私もすぐに行く」

まさに、セックスなし・・・・男なしでは生きていけなくなってしまった恵一。もはや、隆一郎に従って一生を過ごすしかない。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?


10/26|人工美女の館 (第二部)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。