FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
--- 春香炎情 ---

「うぅっ・・・・、う~ん・・・・・・」
不本意ながらも、『ご主人様』の熱いくちづけを甘受している白いセーラー服姿の春香さん。
その両手は、自身の穿いているプリーツスカートの裾を摘んで捲り上げ、白いパンティーの前面を剥き出しにしたままです。
しかも、その股間部の恥ずかしい膨らみには、『ご主人様』の右手が・・・・・。
『嫌だ! もうやめてくれ! 僕はこんな事は望んでいない。同性との・・・・同性との肉体関係なんて・・・・・・』
表面上の静かな状況とは裏腹に、春香さんの心の中では強い罪悪感と嫌悪感、そして、激しい葛藤が続いていました。
「そろそろ、これだけでは物足りなくなったのではないかな?」
『ご主人様』は、重ねていた唇を離しそう呟くと、それまで布越しに愛撫していた二本の指をパンティーの脇に差し込み、その中で窮屈そうに圧迫されていた春香さんのペニスを掴み出しました。
「あっ!」
いきなりペニスを掴み出され、春香さんは慌てました。
「ほほぉ~、これはでかい。このような立派な一物を、『男』として使えなくしてしまうのは何とも可哀相な気もするが・・・・・フフッ」
そこまで言うと、その掴み出したペニスの中程を握り、再びゆっくりと、しかし、今度は前後に大きく揉み始めました。
それは、時に激しく・・・そして優しく。
いつしか、春香さんの気持ちの高ぶりは最高潮に達していました。
「あぁ~っ・・・・あぁぁぁ~っ、もう・・・・もうやめて! こ・・・これ以上続けられると・・・もう・・・・・。お願い・・・・あなた」
「もう・・・どうだというんだ? 春香」
わざと遠まわしな言い方をする『ご主人様』でした。
「もう・・・出て・・・・・出てしまいます」
「出す? いったい『女』のおまえが何を出すというのだ?」
「精・・・・精液が・・・・・」
「そうだったな・・・・・、春香はまだ『男』の身体のままだから精液を出す事が出来るのだったな。ならば、あとひとしごきでやめておいてやろう」
そう言ったかと思うと、『ご主人様』は握っている春香さんのペニスを急に激しくしごき出しました。
「あぁ~~~っ、駄目っ! そんな・・・出て・・・・出てしまいます」
春香さんは、もう自分が精液を放出し恥ずかしい姿を晒してしまうのを覚悟するしかありませんでした。
ところが、次の瞬間・・・・・、『ご主人様』がペニスを愛撫する手を突然止めたのです。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・」
春香さんは、かろうじて恥ずかしい姿を晒す事だけは免れました。
しかし、ここまで追い上げられて中断されてしまった春香さんは、また別の意味で辛かったのではないでしょうか。
春香さんの心のほてりは、もう限界まで達しているのですから・・・・・。
「今はこの辺でやめておいてやろう。そうなると、今度は春香がわしにしてくれる番だな」
春香さんには、『ご主人様』が自分に何を要求しているのかすぐにわかりました。
「は・・・はい、これからは、春香があなたに・・・・・ご奉仕致します」
『ご主人様』と向かい合っている春香さんのスカートの前面は、いまだに怒張したペニスによって大きく盛り上がったままです。
この気の高ぶりによって、春香さんはまるで催眠術にでもかかったかのように意識が朦朧とし、自分でも思っていない行動を取るようになっていました。
春香さんは『ご主人様』のガウンの紐を解くと、再び床に跪きました。
『あぁっ・・・・、これから僕はこの目の前のものを・・・・・・』

春香さんの目の前には、『ご主人様』のはだけたガウンが・・・・・。
その下から覗く灰色のブリーフの股間部はすでに大きく隆起し、その大きさを誇示しています。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


07/15|女装子十二陰棒コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
旬なエログ「♂ 女装子十二陰棒 その23(人工美女の館サイドストーリー)」について
人工美女の館さんのブログについて紹介します。タイトル・・・♂ 女装子十二陰棒 その23(人工美女の館サイドストーリー)・・・記事情報・・・??? 春香炎情 ??? 「うぅっ・・・・、う?ん・・・・・・」不本意ながらも、
2007/07/15(Sun) 16:00:31 |  旬なエロ情報
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。