FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
--- 渡された一枚の名刺 ---

肛門を『ご主人様』の勃起したペニスで貫かれ、その激痛に耐え続ける春香さん。
そんな春香さんでしたが、時間とともにその痛みにも慣れ・・・・というより、麻痺したと言った方がいいのかもしれませんが、それまでの激痛も徐々に治まって来ていました。
しかし、そんな激痛を物語るように、白いシーツの上には赤い鮮血が飛び散っています。

「ちょっと出血したようだが、『女』なら誰でも初めての時には経験する事だ・・・・恥ずかしがらなくてもいい」
『・・・・・『女』? 僕はもう・・・・・『女』? こんな行為までしてしまった僕は・・・・僕はもう『男』ではないの?』
遂に交わしてしまった男との肉体関係に、春香さんは疑心暗鬼に陥っていました。
しかし、このような激しい痛みと心の葛藤の中でしたが、そんな春香さんを支えていたのは、春香さんの帰りを家で待ちわびている奥様・里美さんの存在でした。
何としても無事にここから出るのだという、春香さんの奥様への愛の力でした。
「だいぶ楽になってきたようだな。出血も止まったようだし・・・・では、そろそろ第二ラウンドと行くか」
それまでは、春香さんの肛門に挿入したペニスもゆっくりと前後運動させていただけだった『ご主人様』でしたが、春香さんの身体が慣れて来た事を確認し、いよいよ本格的に攻めを開始しようとしています。
「フフフッ、ここをこんなに硬くして・・・・。痛い、痛いと言いながら、身体は正直なものだ」
そんな春香さんの硬直したペニスを目にした『ご主人様』は、それを指先で摘むと、ゆっくりと揉み始めました。
「あああぁ~っ、そんな事をされたら」
「されたら・・・どうだと言うんだい? 春香」
更に『ご主人様』は、春香さんのペニスを愛撫しながら、再び腰を動かし始めたのです。
それは、これまでの動きとは違い、一段と激しくなっていました。
「ああっ~あああぁ~~~っ! 嫌っ・・・・嫌っ!」
「さぁ、もっといい気分にさせてやろう」
そう言うと、『ご主人様』は春香さんのペニスを愛撫していた手の動きを速めました。
「あああああぁぁ~~っ、駄目、駄目~っ! これ以上されたら・・・・・」
「そうか・・・・いきそうなんだな? よし、それならば・・・・・・」
春香さんの陥落を感じ取った『ご主人様』は、一気に追い上げにかかりました。
「ああ~っ、うう~っ! あああああぁぁぁ~~~! い、いく~~ぅ~ぅ!」
とうとう、春香さんの口から断末魔の叫び声が発せられました。
そして、真っ赤に硬直し切ったペニスは小刻みに痙攣を起こし、その先端からは白い『男の精』が放出されたのです。
「春香、わしもいくぞ!」
それを確認した『ご主人様』も、それに合わせ緊張させていた身体の力を抜き、春香さんの体内に多量の精液を送り込みました。
「はぁっ、はぁっ、あぁぁぁ~~~っ! 」
言葉にならない喘ぎ声と共に、今も断続的に放出されている春香さんの精液。しかし、それもやがて治まり・・・・・。
「はぁ、はぁ・・・・ど・・・どうだった、春香?」
「はぁ~はぁ~はぁ・・・・・・」
二人とも息が荒く、とても言葉になりません・・・・特に、春香さんの方は・・・・・。
「もうしばらくこのままで、余韻を楽しもうではないか」
二人は、お互いにその欲望の滴りを放出したにもかかわらず、そのまま身体を合体し、その余韻に浸っていました。
すでに射精を終えた『ご主人様』ではありましたが、そのペニスの勢いはいまだに衰えを見せず、そのまま春香さんの肛門奥深く突き刺さったままです。
春香さんは、身体の中心にくさびを打ち込まれたも同然で、身体を動かす事すら出来ません。

それからしばらくして、二人は共にシャワーを浴び、新しい服に着替えました。
「今日は大変満足させて貰ったぞ・・・・春香。さすが、所長がわしに推薦しただけの事はある。わしはおまえが気に入ってしまったぞ。これはだいぶ先の話になるが、おまえがここを出所してもし困った事が出来たら、いつでもこのわしを訪ねて来なさい。決して悪いようにはせんつもりだ。ここの所長はわしの主催している組織の会員でな・・・・・。この『お床入り』という儀式も、わしが所長に提案して作らせた制度なのだよ。おまえにはこれを渡しておくから、その住所まで訪ねて来なさい」
そう言って、春香さんに『ご主人様』から一枚の名刺が渡されました。
春香さんは、特別その名刺に興味もありませんでしたが、一応軽く目を通しました。

  [ 大神総合病院 院長 大神隆造 ]

この時手渡された一枚の名刺によって、春香さんが後に更なる渦の中へ巻き込まれて行くとは・・・・誰が思ったでしょう。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


07/17|女装子十二陰棒コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。