FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
--- 妻への招待状 ---

「春香、あまえはいったい何ていう事をしてくれたの! 大神様をあれ程まで怒らせてしまって・・・・・」
「申し訳ありません。つい、余計な考え事をしてしまって・・・・・・・」
「言い訳など聞きたくないわ。どうやら、大神様もお怒りを静めてくださったようだからいいけど・・・・・」
それを聞いて、春香さんはとりあえずホッとしました。
「それにしても、おまえは馬鹿な事をしたものね。もう少しで今の身体のまま『卒業』出来たところだったのに・・・・・」
『今の身体のまま? そ・・・・そうだったわ。その事をすっかり忘れていた・・・・・』
「これで、おまえの手術は決定よ・・・・しかも、手続きが終了次第すぐに行われる事になっているわ。でも、自分の責任なんだから仕方がないわね」
「お・・・お願いです、わたしにもう一度チャンスをください!」
「何を寝ぼけた事を言っているの? おまえに与えられたチャンスはこれ一回だけよ」
「嫌・・・・嫌よ。わたしは女の身体になんかなりたくない。わたしは・・・・僕はこれ以上手術は受けたくないんです!」
「馬鹿な子ね。この場に及んで命乞いをするなんて・・・・・。第一、もうすでに奥様には招待状を送ってしまってあるのよ。本当に自分が『男』だと思うのなら男らしく諦めなさい」
「招待状? それって・・・・・」
「卒業の直前に行われる面会の事よ。お前の場合には、性転換手術の承諾の手続きも兼ねているけどね」
「手・・・・続き?」
そう言われても、春香さんには特務調教官の言っている意味がよく分かりませんでした。
「性転換手術の時には必ず身内の人間を立ち会わせる事になっているの・・・・その手続きよ」
「そ・・・・そんな無茶な! そんな残酷な手術に妻を・・・・妻を立ち合わせるなんて・・・・・」
自分の『男』としての最後の部分を切除される所を奥様に見られてしまうと知り、春香さんの手術拒否の気持ちは益々増幅されて行きました。
「随分女らしくなってくれたと喜んでいたのに、どうもそれはただの演技だけだったようね。そんなおまえには、やはり懲らしめの意味も含めて性転換手術を施すしかないわ。変にペニスだけを残してあるから、いつまで経っても『女』になり切れないのよ。ペニスを切り取られて私達と同じように女の割れ目を持つようになれば、否応なく『女』としての自覚を持つはずよ」
「何を馬鹿な事を・・・・。たとえ身体の全てを『女』の身体に変えられてしまおうとも、僕は絶対に『男』の心は失わない・・・・絶対に!」
「あら・・・・そう? まぁ、それならそれでいいわ。でも、それだとただおまえが苦しむだけよ」
「苦しむ・・・・・?」
「今にわかるわ・・・・今にね」
そう言って特務調教官がニヤリと笑いました。
「もういいわ。手術の手続きが終わるまで、春香を独房に閉じ込めておきなさい」
特務調教官がそう指示を出すと、その横に付いていた二人の男の部下が椅子に座っている春香さんを立たせ、部屋の外へと連れ去りました。

春香さんの性転換手術・・・・・その開始までの残された時間は、もうあと僅かしかありません。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


08/04|女装子十二陰棒コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。