FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
--- 『オカマ』と呼ばれて ---

性転換手術を施された春香さんは、患部の状態が落ち着くまで約三週間、『十二院房』内において術後の処置を受けていました。しかし、その期間も風のように過ぎ去り、春香さんが晴れて外界へと開放される日が訪れました。

「ガチャガチャーン!」
門番によって『十二院房』の正門脇の小さな扉が開けられました。
その前には、この日の為に用意されたピンクのミニタイトスーツを身にまとった春香さんとがたたずんでいます。
「春香さん、おめでとう。今日からあなたは自由の身です。もちろん、女として生きようと男として生きようと、それもあなたの意思のままです。では、お別れの前にこれをお渡ししておきます」
側らに同行している男性調教官がそう春香さんに告げ、スーツと同色のハンドバッグを手渡しました。
「そのバッグの中には、ここから自宅までの地図と交通費、そして三週間に一度摂取が必要となる女性ホルモン剤と、それを体内に注入する為の注射器が入っています。男として生きるのも自由とは言いましたが、あなたはすでに去勢されている身です。ですから、このホルモン剤だけは一生手放せません。ここには半年分が入っていますが、切れたらまたここにおいでください。これと同じ女性ホルモン剤は他のどこの病院へ行ってもありませんから・・・・・」
春香さんは、渡されたバッグを開け一応中身を確認すると、目の前の男性調教官に深く一礼をし、そのまま扉をくぐり外界へと歩を進めました。
「ガチャガチャガチャーン!」
再び扉は閉められ、春香さんと『十二院房』との関係はこの時点で一応の終止符が打たれました。
『終わった・・・・・今は、ただ疲れ切った心と身体を休めたい』
これまで数々の辱めを受けた『十二院房』の塀の外に立ち、春香さんは深い深呼吸をしながらそう思いました。
『まずは、少しでも早く家に戻って里美を安心させてやろう。でも、この姿では・・・・・・』
この時の春香さんの服装は、今日の朝支給されたミニのタイトスーツ姿。
すでに『十二院房』内では違和感も感じなくなっていた女性の服ですが、それを外の世界・・・・あらかじめ自分の正体を知られていないノーマルな世界でその姿で歩くとなると話はまた別です。
『男の服に着替えたくても、このあたりにはそれを買い揃えるお店もないし、それに、例えお店があったとしても、それを買い揃えられるようなお金も持ち合わせてはいない。とにかく、家に戻るまではこの服装で通すしかない。そうだ、ここでタクシーでも捕まえられたら・・・・・』
そう思ってあたりを見まわした春香さんですが、郊外の過疎地帯の道路をタクシーなど通る訳がありません。
『十二院房』の所在地自体は都心からそれ程離れている訳ではないのですが、地形的にかなり辺鄙な場所にあり、移動の手段は少し離れた道を通っている定期バスしかない場所です。
『やはり駄目だ・・・・、さっきからずっと待っているけどタクシーなど一本も通らない。恥ずかしくても、やはり教えられた通りにバスに乗っていくしかないようだ』
春香さんは、あらかじめ渡されていた自宅までの地図を頼りに、最寄のバス停まで歩きました。
この時、春香さんはある違和感を感じていました。
性転換手術を受けてから二週間余り、術後も殆んど歩く事のなかった春香さんでしたので、股間に何も付いていない状態での歩行は、何かおかしな感覚を感じたのです。
『あっ、ここだ。このバス停で待っていればいい・・・・・』
待つ事30分程、やっとバスがやって来ました。
入口を入り中を見渡すと、後方のシートに数人の乗客が・・・・・。
『こうなったら、男だと見破られない様にするしかない』
これまで受けた調教で、春香さんはある程度『女』になり切る自信を持っていました。
春香さんはすでに乗っている乗客の目を避ける為、かなり離れて前方のシートに座りました。
すると暫くして、後方から微かな声で乗客の話し声が聞こえて来ました。
「あの人、女性用のスーツ着ているけど、もしかして男じゃない?」
「そうね、お化粧している顔も何となくオカマっぽいものね」
『オ・・・・オカマ。僕が・・・・オカマ?』

春香さんにとって、それは一番言われたくない言葉でした。
というのも、春香さんはかつてから女装者の気持ちを全く理解出来ず、ずっと毛嫌いしていたからです。
そんな春香さんが、皮肉にも今ではその否定していた立場に立たされてしまっているのです・・・・しかも、自分の意思とは関係なく。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


08/24|女装子十二陰棒コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。