FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
--- 封印していた気持ち ---

奥様の里美さんが自殺した事に大きなショックを受けた春香さんは、四十九日が過ぎてもまだ放心状態でした。そんな春香さんですが、その心の中にはある思いが復活しつつありました。それは、恋心を抱きながも男同士という事で封印していたあの杉浦俊夫さんへの思いです。春香さんは、杉浦さんの力を借りようと思い始めていました。
『里美・・・・ごめんね。わたしにはその『思い』を封印していた人がいるの。それは、男の人よ。こんな身体になってしまっても、わたし自身は男のつもりよ。だから・・・・だから心の奥に封印していたの・・・・里美だけを愛する為に。でも、このような事になってしまって、もうわたし一人ではこの逆境から抜け出せそうにないの。だから、その人に力を貸して貰おうと思って。いいよね・・・・いいよね』
春香さんは、必死になって亡くなった奥様に問い掛けました。

翌日、春香さんはいくつかの出版社を訪ね、杉浦さんの居場所を捜しまわりました。
そうしているうちに、杉浦さんと親しいというフリーライターと出合う事が出来ました。
「えっ、杉浦さんが行方不明になっているんですか?」
「そうなんですよ」
「それで、最後に杉浦さんに会われたのはいつ頃なんですか?」
「半月くらい前だったと思います」
「その時の杉浦さんの様子はどんな感じでしたか?」
「別に変な様子はありませんでしたが・・・・そうだ、面白い情報を掴んだとかである病院に探りを入れてみるとか言ってましたね」
「ある病院?」
「大神病院です。あの大神学園の理事長が院長をしている」
「えっ、大神病院!?」
突然大神病院の名前が出て来たので、春香さんは驚きを隠せませんでした。
『全てが・・・・全ての事が大神隆造がらみなのね。里美の事も、そして、杉浦さんの失踪の件も・・・・・』
「でも、警察の捜索とかは続いているんですよね?」
「僕には詳しい事は分からないですが、どうも手掛かりが見つからず捜索が難航しているみたいです。その大神病院にも警察の事情聴取があったみたいですが、結局は何の手掛かりも見つからなかったみたいです」
「何も手掛かりがなかったんですか?」
「えぇ、あの病院には僕たちライターの間でもいろいろと黒い噂が流れているのですが、なぜかいつも警察の対応が甘いのです。もしかしたら、裏で警察の上層部の人間と繋がっているのかもしれません。理事長であり院長の大神隆造は一癖も二癖もある人物ですから・・・・・」
『やはり・・・・大神隆造なのね。何とかしたい・・・・でも、今のわたしには何も出来ない・・・・そんな力なんてない。ど・・・どうすればいいの?』

再び途方に暮れる春香さん。
その目には、今にも溢れそうな涙が・・・・・。
しかし、この日を境に春香さんの姿も忽然と消えたのです。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


08/13|女装子十二陰棒コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。