FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
--- 衝撃の事実 ---

「うぅぅぅぅ・・・・・・っ」
「どうした、なんで泣く?」
自分の胸に顔を埋めてすすり泣く春香さんに、隆三が声を掛けました。
「だ・・・・だって、嬉しいんでもの」
「嬉しい?」
「あの施設から出てからというもの、妻以外誰からも相手にしてもらえなかったわたしをこんなに愛してくださるなんて・・・・・」
「なんだ、そういう事か・・・・・。そのような事で喜んでくれるのなら、もっともっと喜ばせてやるぞ、ふふふっ」
「・・・・・・嬉しい。でも、一つだけ妬けるな」
「妬ける? 何が妬けるのだ」
「だって、ご結婚されたのでしょう? だから、奥様が羨ましくて」
「結婚と言っても法律上は成立していない結婚だ・・・・おまえとそう立場は変らん」
「で・・・・でも」
ここまでずっと冷静だった春香さんが、少しずつ隆造に甘え駄々をこねるようになりました。
この変化は何を意味しているのでしょうか?
「もし、おまえがもう少し早くわしの前に現われてくれていたら、おまえと俊恵の立場は逆転していたかもしれん」
「俊恵さん?」
俊恵・・・・と聞いて、春香さんは瞬間的に何かを感じたようです。
「俊恵・・・・か? あぁ、先日結婚したわしの妻の名前だよ」
「や・・・・やっぱり羨ましい。隆造様、奥様の事少し伺ってもよろしいですか?」
「おいおい、警察の取調べか?」
もちろん、隆造は冗談で言っただけでしたが、この時、春香さんの顔から一瞬血の気が引いたように見えたのはわたしだけでしょうか?
「取調べだなんて、わ・・・わたし警察のまわし者なんかじゃありませんわ」
「いやいや、冗談だ。別におまえを疑っている訳じゃない」
「ううん、隆造様のいじわる。わたしは、ただ隆造様の奥様がとても羨ましかったのでどの様な女性の方なのか気になって・・・・・」
「女性・・・・か、ははっ。じつはな、おまえともこのような深い関係になった事だし、この先、わしの良き協力者になって貰わんといかんから話しておこうと思うが・・・・・ただし、話を聞いたが最後おまえもわしと共犯という事になる・・・・それでも良ければだが?」
「共犯・・・・って、なんだか恐い。でも、大丈夫ですわ。わたしの耳にも隆造様のお噂は多少なりとも入っております。それでもこうしてお世話になっている・・・・この事実を、わたしが隆造様と運命を共にする覚悟の表れだとご理解ください」
「そうか、そこまで覚悟の上でわしを訪ねてくれていたのか・・・・・よしよし。では話すが、これからの話は絶対に他言は無用だぞ」
「はい、承知しております」
こうして、その分身をいまだに春香さんの『女』の部分に挿入したまま、隆造の話が始まりました。
「まずは『妻』の俊恵の事だが、俊恵は本当の『女』ではない」
「えっ、女性ではない!?」
本当の『女』ではない・・・・・春香さんにとっては、一番聞きたくない言葉でした。
「おまえと同じように性転換手術によって作られた『人工美女』だ。いや、今の段階では『美女』とは言えんがな、ふふっ」
「作られた・・・・と申しますと、やはりわたしと同じように強制的に?」
「その通りだ。馬鹿な奴でな、フリーのルポライターらしいがわしに探りを入れに来た。ルポライターなら『諸国漫遊記』でも書いていればいいものを余計な事に首を突っ込みおって・・・・・。当初は殺してしまうつもりだったが、頑固で男らしい性格につい惚れてしまってな。それで、性転換させて『女』にし、わしの『妻』にしてしまったという訳だ」「奥・・・・奥様のお名前は『俊恵』さんでしたっけ?」
「あぁ、元の名前が『俊夫』。性転換させてわしが『俊恵』と改名してやった」
『俊・・・・俊夫さん、そして、フリーライター。うぅぅ・・・・間違いない、杉浦さんに間違いないわ。でも、なんていう事なの。やっと消息が掴めたと思ったら性転換手術を受けさせられていたなんて。酷い・・・・・酷過ぎる、残酷過ぎるわ。しかも、大神隆造の「妻」にされているなんて・・・・・・』
考えてもいなかった展開に、春香さんはしばし呆然としていました。
「どうした、急に元気がなくなったようだが? 俊恵の話を聞いてまた妬けて来たか」
「え・・・・えぇ、・・・・・・・・・・」
「そうだ、性転換手術絡みの話をもう少ししてやろう」
「性転換手術絡み? 他にもまだ同じようなお話があるのですか?」
「ある・・・・・しかも、その話にも俊恵が絡んでおる」
「俊・・・・いえ、奥様が?」

それは、杉浦さんの行方を捜しに来た赤月恵一という青年に対して、恋人を人質に取り身代わりとして強制的に女性化させている事など。そして、それにまつわる数々の話でした。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


08/18|女装子十二陰棒コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008/08/18 15:04 *  * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございます
その節はありがとうございました。
拙い小説ですが、これからも応援お願い致します。
From: ひとみ絵里 * 2008/08/21 03:21 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。