FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 第2話 回想 

 麻酔から目覚めた恵一は、すでに自分に性転換手術が施されている事実を知り大きなショックを受けた。

「そ、そんな・・・・酷い! 手術の予定日はまだもう少し先だったはずよ?」
 恵一は今にも泣きそうな顔で、目の前の隆一郎に訴えた。
「それは、おまえ自身の責任・・・・私の方こそいい迷惑だ。今回の騒動で、予定していた公開性転換手術も中止せざるを得なくなってしまった訳だからな。すでに会員の方々には招待状を発送済みだというのにだ。まぁ、こうなった以上、約束しておいたペナルティーを実行に移すしかないが・・・・・」
「ペナルティー?」
「そうだ、万が一何らかの理由で公開手術が中止になった場合、その代替措置として行われる事になっていたあの・・・・梨花の『公開出産』の事だ」
『公開出産?』
 恵一には一瞬何の事だか思い出せなかったが、記憶を辿るうちに思い出す事が出来た
「駄・・・・駄目よ。そ・・・・それは絶対駄目! あぁぁぁっ、痛ーーーーーぃ!!」
「まだ痛みが激しいようだな。しかも、精神的にもかなり興奮しているようだから、もうしばらく睡眠剤で寝ていたほうがいいだろう」
 隆一郎は、ベッド脇に用意されている睡眠剤入りの点滴の針を恵一の右腕に刺し込んだ。
「あっ・・・あぁぁ・・・・・・・」
 恵一の意識は急激に薄れ始め、再び完全に意識を失ってしまった。そんな恵一の頭の中では、なぜか過去の出来事が走馬灯のように浮かび上がっていた。

 最初に目の前に浮かんで来たのは高校時代、学校の廊下で恋人の葉子を執拗にからかう大神隆司とのやりとりだった。
「葉子、いったいどうしたんだ?」
「あっ、恵一さん。大神さんがわたしのスカートを捲ろうとするの」
「隆司、高校生にもなっていつまで女の腐ったような事をしているんだ。少しは男らしくしろ!」
「何を・・・・俺を女の腐ったのだと」
 隆司は恵一の言葉に、怒りを剥き出しにした。
「そんなにスカートが好きなら、いっその事おまえがスカートを穿いたらどうだ、はははっ」
「くそぉ・・・・今に覚えていろよ、この先、どうなっても知らないからな!!」
 そう言い残すと、隆司はその場から走り去って行った。

 次に目の前に浮かんで来たのは、頻繁に起こる隆司の嫌がらせに対して葉子と共に大神病院へ押しかけた時の出来事だった。この時応対に出て来たのは、隆司の兄・隆一郎だった。
「君が恵一君か・・・・なかなかいい男だね。聞くところによると、弟がいつも君から説教を受けているそうだが・・・・・。先日も、スカートを穿けと言われたとか言っていたが、まぁ、その考え・・・・結構面白いかもしれんな、ふふふ」
 初対面だというのに、いきなり不敵な笑みを浮かべる大神隆一郎だった。
「すでにご存知なら改めて説明する事もないでしょう。葉子がとても迷惑しているんです。もう二度と付き纏わないよう隆司君に注意してください」
「そうは言ってもだな、人を好きになるのは自由だからね。たとえば、私が恵一君・・・・君を好きになったとしてもだ、ふふふ」
「ふざけるのはやめてください。今は男女の仲の事を言っているんです!」
「うーん、なるほど・・・・男と女ね。まぁ、確かに男と女という形が一番理想的ではあるかもしれないが・・・・・」
 いったい何を言っているのか。隆一郎の話をはぐらかすような応答に、恵一は苛ついて来た。
「これでは話になりません。どちらにしても、もう葉子の嫌がるような行動は絶対に取らないよう、隆司君にきつく言っておいてください!」
 恵一はそう言い放つと、葉子と共に部屋を出て行こうとした。
「恵一君、ちょっと待ちたまえ」
 隆一郎のその言葉に、部屋から出ようとしていた恵一が後を振り返った。
「いったい何でしょうか?」
「君・・・スカートを穿いた事はあるかい?」
 隆一郎が急に変な事を聞いて来たので、恵一は腹が立って来た。
「あ・・・・ある訳ないでしょう。僕は男なんですから」

 恵一は何か馬鹿にされたような気分になり、ドアを強く閉め部屋から出て行った・・・・・今から二年前の出来事である。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


08/28|人工美女の館 (第二部)コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
頑張って続けて下さい。応援してます。
膣拡張のダイレーションで屈辱感を感じながらも女性の快楽に花開くよう染まる、描写、ペニスがなくなり苦しむ描写、放尿を晒される罰……。
克明に描写して下さい。お願いしますm(_ _)m。
From: ファン * 2008/08/28 03:26 * URL * [Edit] *  top↑
文才のない自分に落胆気味・・・・・
ファンさま、応援ありがとうございます。「ダイレーションによる膣拡張」「ペニスがなくなり苦しむ」「放尿を晒される」・・・等、すべてこれから出てくるシチュエーションではあるのですが、なんといっても作者のわたしがあまりにも力不足。克明にというのは・・・・あのぅ・・・・そのぅ・・・・・はい(汗微笑)
From: ひとみ絵里 * 2008/08/28 04:00 * URL * [Edit] *  top↑
そんなことありませんよ!
(`・ω・´)とてもよく描けてますよ!
自分も書いては見たけど難しい!
書き込みした某巨大掲示板で「死ね」と書き込みされたぐらい酷いのしか、書き込み出来ませんでした。
お話を作る才能があり、この「人工美女」は大変読み応えがあります。

睾丸を切除する描写や尿道を切断する描写は大変上手いですので、このレベルなら満足です!

ダイレーションによる膣拡張は他の人では割とあっさりめの描写なんで、こだわって書いてくれれば最高です。

毎回続けて貰えれば文句ないです。性転換手術の強制女性化小説を読みたいのでお願いしますm(_ _)m。

頑張って続けて下さい。
From: ファン * 2008/08/28 07:44 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。