FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ニューハーフ妻
妻のめぐみはニューハーフです・・・・とお客様の前で言われ恵一はただ呆然と
するばかりだった


 第52話 ニューハーフ妻 

 隆一郎と恵一が新婚旅行から戻って三日が経った。学生でもある恵一は今週いっぱいは学校を休む事になっており、二人を取巻く環境は一応の落ち着きを取り戻していた。そんな二人が居を構える大神家別邸に、地下組織の会員という二人の男が訪れていた。

「来月のオークションですが、久々に5人程いい『女奴隷』が揃いそうですよ。どうか、楽しみにしていてください」
 隆一郎が目の前のソファーに座っている二人の会員に対して話した。
「いやいや、我々のような貧乏会員ではなかなか手が出ませんよ。しかし、オークションは見るだけでもショーとして十分価値がありますからな。そういう意味では今から楽しみです」
「そう言えば、隆一郎様は先日ご結婚されたそうですね・・・・おめでとう御座います」
「有難うございます。本来ならば盛大に披露宴でも開かなくてはいけなかったのですが、私はどうも派手な事が苦手で・・・・・。それに、あくまでもこの結婚は組織内での約束事というだけで、正式な結婚ではありませんから・・・・」
「そうなのですか? また、なぜ正式なご結婚という形を取られなかったのですか?」
「あっ、そうだ・・・・」
 隆一郎はそう言いながら立ち上がると、インターホンのスイッチを押した。
「あっ・・・・めぐみか? ちょっと応接室まで来なさい」
「は・・・・はい」
 呼ばれたのは、隆一郎の新妻となった恵一だった。
「めぐみ様・・・・? もしかして、奥様のお名前ですか?」
「はい、めぐみと申します。まだ若いので、なかなか言う事を聞いてくれませんが・・・・」
「そんな、もったいない。我々からすれば羨ましい限りです」
「トン、トン!」
 応接室のドアをノックする音が・・・・。
「めぐみか?」
「・・・・はい」
「入りなさい!」
 一瞬間が開いた後にドアが開き、タータンチェックのプリーツスカートを穿いた恵一が姿を現した。
「めぐみ、私の大切なお客様だ・・・・ご挨拶なさい」
「は・・・はぃ、妻の・・・・めぐみです。いつも主人がお世話になっております」
 恵一が慣れないながらも妻らしく応対した。
「これはこれは、綺麗な奥様で。隆一郎様にはいつもお世話になっています。今ちょうど奥様のお噂をしていたところなのですが、いや、実にお美しい」
「そ・・・・そんな」
 本物の女性ならば喜ぶところだが、恵一の気持ちは複雑だった。
「しかも、このようなプリーツスカートを穿かれていますと、まるで女子学生のようですな」
「おぉ、お分かりになりましたか? めぐみは現在、大神学園に通っているんですよ」
「では、本物の学生さんでしたか・・・・これは驚いた」
 二人のお客がしきりに妻の恵一を褒めるので、夫である隆一郎もご満悦のようだ・・・・しかし、問題の発言はこの直後に飛び出した。
「しかし、こんなに若くて美しい女性とご結婚されたなんて、誠に羨ましいですなぁー」
「いえ・・・・・めぐみは女ではありません」
「えっ! 女性ではない・・・・とは? いったい・・・・・」
「妻のめぐみは、元・・・・男です。性転換手術で女の身体になった・・・・・いわゆるニューハーフです」
『そ・・・・そんなぁ! 何も知らないお客様にそんな事をわざわざ言わなくても・・・・・』
 目の前でいきなり隆一郎に自分の本当の姿を暴露され、恵一は一瞬にして惨めな気持ちになっていた。もちろん、応接室にいる二人の訪問客もどうフォローしていいのかどぎまぎしていた。
「めぐみ、何を突っ立っているんだ、私の横に座りなさい」
『どうして・・・・どうしてなの? わたしは本当の女性見えるよう一生懸命に演じているのに・・・・・・』
 女の身体となってしまった今の恵一にとっては、まわりから『元・男』だと見抜かれない事が一番の安らぎなのだ。
「なるほど・・・・、正式な結婚云々と仰っていた意味がやっと今分かりました。しかし、今では性別の変更も条件さえ整えば可能ですし、正式な婚姻も・・・・・」
「はい、ただ私たち二人の場合にはいろいろと問題も抱えているので、そのうちほとぼりが冷めてからめぐみの性別変更等の事は考えたいと思っています」
 正式な性別変更・・・・・何気ない言葉だが、恵一にとっては重大な意味を持っていた。それは、恵一の男としての存在に完全にとどめを刺す行為だからだ。
「めぐみだって早く性別を変えたいとは思っているはずです。なぁ、そうだろう・・・・めぐみ?」
「い・・・いえそんな事は」

 隆一郎の容赦遠慮のない問い掛けに、恵一はどう答えればいいのかただ戸惑うだけだった。

[FC2 Blog ランキングへ投票] [人気blogランキングへ投票]
         ↑                  ↑
2つのブログランキング"に参加中で~す・・・・クリックしてくださいますか?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


10/11|人工美女の館 (第二部)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!
From: サトシ * 2008/10/11 08:51 * URL * [Edit] *  top↑
良いブログですね^^
こんばんは遊びにきました。
いつ見ても良いブログですよね。
やっぱブログって時間かかって更新とか面倒臭い時もあるけど楽しいですよね^^
私は楽しんでやってます。
もし、良かったら私のブログも見てくださいね。
また遊びにきますね。
ではでは今後とも宜しくお願いします。
From: モバゲー男 * 2008/10/11 20:57 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
18歳未満の方は閲覧禁止ね

 ひとみ絵里

Author: ひとみ絵里
性 別 :  人工微女

初めてスカートを穿いた日が私の誕生日です。ちなみに、小説の中で時々登場するめぐみ(恵一)のイメージ画像のモデルは一部を除いて私自身です。

    ♥ お話について ♥
このお話はフィクションです。お話の中に登場する人物名・会社名などはすべて架空のものです。また、このお話の著作権や私自身の画像に関しては、すべてわたし・絵里に帰属致しますので、無断で転載やご使用なさらないでくださいね。

FC2カウンター
現在のブログランキング
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。